DAMDAM

Need to know

Skincare by the Season

BY ジゼル・ゴー

Photographed by Noa Nguyen

VIPや芸能人をクライアントにもつ美容家Caoruさんと、季節の変わり目に効果的なスキンケア方法について話し合ってきた。Caoruさんはパリやミラノでフェイシャル、そしてボディケアのテクニックを学んだ後、独立。ホテルのスパや、化粧品製造会社、美容学校にてビューティーコンサルタントを務めている。彼女は、季節が変わる度に衣替えをするように、スキンケアも肌のために変えることが必要だと考える。そんなスキンケアの為のコツを教えて貰った。

季節の影響で変化するスキンバランス、そんな時に避けた方が良い基礎化粧品や成分はありますか?

アルコール原料です。但し、アルコール原料が何で抽出されているか、製品に対しての配合 量を見極めるのが重要です。
Organic化粧品でも、ケミカルな防腐剤をさけ、植物から抽出されたアルコールを多く配合した 処方の製品が数多くありま が、特に化粧水は肌に直接つけるため、アルコールの%が多い ものは、肌トラブル中の肌、季節の変わり目でデリケート なっている肌にはダメージがありま す。

又、合成の界面活性剤が多く配合されていると、それ自体が肌の乾燥などを招いてしまう可能 性があるため、良質な成分 の他の基材の組み合わせを自分の肌タイプ、肌コンディションと合わせて見極める必要があります。これは、フェイシャルトリートメントでも同様に、ゲストの肌コンディションを見極めた製品セレクトが出来ないと、心地よいはずのケアがかえってトレスになってしまうため、プロの世界でも見 極めが難しく重要です。

私が現在住んでいる日本は美しい四季の変化があり、情緒豊かで人間の心を自然を通して癒してくれる素晴らしい環境に恵まれています。しかし、一方では1年を通して4つのシーズン(春⇒夏⇒秋⇒冬)があるため、この4つのシーズンと季節と季節の変わり目の4つのシーズンと合わせて8シーズンを肌自体が忙しく対処してい ます。肌は衣替えをする事ができない為、その季節季節で頑張って対処する必要がある為、自分自 身の肌タイプ、肌コンディションを把握し、スキンケアをする事が大切です。

アルコールフリーの製品は、季節の変わり目の肌には特に優しいとされています。

“しかし、一方では1年を通して4つのシーズン(春⇒夏⇒秋⇒冬)があるため、この4つのシーズンと季節と季節の変わり目の4つのシーズンと合わせて8シーズンを肌自体が忙しく対処してい ます。肌は衣替えをする事ができない為、その季節季節で頑張って対処する必要がある為、自分自 身の肌タイプ、肌コンディションを把握し、スキンケアをする事が大切です。”

季節ごとにあなたがおすすめのスキンケア法を教えていただけますか?(春、夏、秋、冬)

春⇒花粉によるアレルギーが多いため、肌がセンシティブになりがちな為、必要以上に 刺激をさけて、鎮静するローションパック、スペシャルケアのマスクがおすすめです。

DAMDAMのお求めはこちらから。

夏⇒気温の高さ、日本では湿度も高い為、皮脂の分泌が過剰になりやすいので、クレイ 配合のアイテムで、過剰な皮脂を吸着して皮脂のバランスを整え、毛穴の汚れをとり、ニキビ予防をすることをおすすめします。

DAMDAMのお求めはこちらから。

秋⇒夏のダメージを引きずっている秋は、ホワイトニングケアをしつつ、肌が徐々に乾燥に傾いていくので、水分補給、保湿、水分保持、角質層に対してのケアが大切です。

DAMDAMのお求めはこちらから。

冬⇒まさに乾燥を気を付けなければいけないこの時期は、室内、外ともに乾燥している事を頭にいれて、水分、油分両方をよく補給するスキンケアが必要です。朝のケアもオイル美容液を使用し、日中の乾燥を防ぐべく油分の補給をしなければ持ちません。この時期のスキンケアが、次の春を迎える際に、大きく影響します。

DAMDAMのお求めはこちらから。

 

 

 

 

 

Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です