DAMDAM

Conversations with

Lara Melchior

BY ジゼル・ゴー & フィリップ・テリアン

Courtesy of Lara Melchior

パリを拠点にハンドメイドジュエリーを手がけるLara Melchiorのピースは、まるでアート作品を見ているかのような気分になる。彼女の作品はグスタフ・クリムトやコンスタンティン・ブランクーシのアートに大きく影響を受けていることが見て伺える。一つ一つ手作りで作業されているとは目を疑うほど、ジュエリーの一つ上をいくような、素晴らしいものばかりだ。Laraのようなアーティストは、量産型のアクセサリーで溢れかえる今日には、大歓迎である。ラッキーなことに、繊細で美しい彼女のジュエリーは、私たちのオフィスのすぐ近くにあるUnited Arrows青山店の、ショーケースの中に並べられている。彼女の夫であるVassを通して知り合った私たち。ジュエリー職人であることや、母親であり経営者であること、またLaraのクリエイティブなスピリットについて話し合ってきた。

 ハーイLara! まずはあなたについて教えて。

私はパリに住んでいるジュエリーデザインナーよ。私のブランドであるLara Melchiorを10年前に始めたの。小さい頃からずっと絵を描くのが大好きで、最終的にパリにある美大に2つも通ったわ。ジュエリーデザイナーになる前は、私のパッションでもあるフォトグラファーとして活動していたの。

偶然が重なってジュエリーデザイナーになったのは、もっと後のこと。当時はゴールドを使ったものではなくて、コスチュームジュエリーを作るところから始めたわ。実際に手を動かして、形作ったり、磨いたり、表現をすることが私にとって必要だったの…スカルプチュアとしてものに命を吹き込む感覚ね。

私のアクセサリーは、最初から最後まで全て私の手によってデザインされて、作られているの。全て私の手で作り上げられているということが、自身にとっての何よりの達成感につながっているわ。手を動かして仕事をすることは大好きで、最初はゴツゴツした手触りのものが、徐々に繊細さを帯びて、アクセサリーとなっていく、その過程を見るのが好きだわ。それが私のクラフトマンシップとしてのヴィジョンであり、デザイナーとして働くことを愛してやまない理由の一つよ。

私のアクセサリーは、最初から最後まで全て私の手によってデザインされて、作られているの。全て私の手で作り上げられているということが、自身にとっての何よりの達成感につながっているわ。手を動かして仕事をすることは大好きで、最初はゴツゴツした手触りのものが、徐々に繊細さを帯びて、アクセサリーとなっていく、その過程を見るのが好きだわ。

あなたの朝のルーティンを何か教えて?

朝はDAMDAMのパラディシミストを化粧水として使っているわ。私を眠気から冷ましてくれるのはあのミストだけ!それから、Avèneの出しているTriXeraの保湿液とYves Saint Laurentのオール イン ワン クリームを塗っている。

美容の習慣は何かある?

とくに習慣づけていることはないの。私はお化粧もしないから。するとしても、日によって、MACのミネラライズ スキン フィニッシュ パウダーとチークをつけたらもう完成よ。

朝はDAMDAMのパラディシミストを化粧水として使っているわ。私を眠気から冷ましてくれるのはあのミストだけ!

あなたの仕事のインスピレーションは?

色々な物からインスパイアされているわ!アートの歴史であったり、写真、旅すること、ファッション、建築物、ジュエリーの歴史…全てが繋がっていて、私にインスピレーションをくれるの。

私のジュエリーピースたちは、グスタフ・クリムトやマティス、アレクサンダー・カルダーやブランクーシの完璧なバランス感覚や、彼らのモダンで言葉にならない美しさからインスピレーションを受けているわ。サイ・トゥオンブリーのスカルプチュアにもとても感化されているの。世界中を旅して、ファッションを見て、建築物を眺め、素晴らしいアートピースを見る。その全てが繋がっていて私にとってのインスピレーションよ。

頭が混乱した時、どうやって整理するようにしているの?

愛する家族と過ごすか、週末にノーマンディーにいくことかしら。

私のジュエリーピースたちは、グスタフ・クリムトやマティス、アレクサンダー・カルダーやブランクーシの完璧なバランス感覚や、彼らのモダンで言葉にならない美しさからインスピレーションを受けているわ。サイ・トゥオンブリーのスカルプチュアにもとても感化されているの。世界中を旅して、ファッションを見て、建築物を眺め、素晴らしいアートピースを見る。その全てが繋がっていて私にとってのインスピレーションよ。

お気に入りの旅行先は?

バハマのハーバーとレ島、あとサン・ポール・ド・ヴァンスにある“la Colombe d’Or”っていうレストランね。

パリでよく訪れる場所ベスト3を教えて?

イタリアンレストランの “Oenosteria” 40 Rue Grégoire de Tours, 75006

素敵なものだらけのセカンドハンドショップ “Les Ginettes” 4 rue du Sabot 75006

あと “Bar de la Croix Rouge”っていうレストランね  2 Place Michel Debré, 75006

Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です