DAMDAM

Conversations with

Kristine Lopez

BY ジゼル・ゴー

@kristine.lo on Instagram

Kristine Lopez (クリスティン・ロペズ)はマニラ生まれでロサンゼルスを拠点に置くフォトグラファーだ。彼女のインスタグラム@kristine.lo は、今すぐにでもTulum(トゥルム)の海岸へ荷物を詰めて旅立ちたくなるような写真で埋まっている。彼女の自由奔放でソウルフルなスタイルはSNSでもはっきりと反映されていて ー 儀式的ティーセレモニーとビキニ、セルフケアアイテムが横並びで写っている写真がその様を物語っている。

お互いフィリピン出身という繋がり以外で私がKristineに惹かれた理由は、マインドフルな人生を生きることにコミットした意識で ー この志が彼女の毎朝の習慣や、フォトグラファー兼ウェルネスブランドコンサルタントというキャリアを歩む決断などに影響を与えて来た。私は良い志向と情熱を持って生きることについて、エキゾチックな美貌のKristineに話を聞いた。

こんにちは、Kristine! 自分のことについて少し聞かせて。

ロサンゼルスを拠点に、ファッション、ライフスタイル、ウェルネスブランドのクリエイティブコンサルティングやフォトグラファーをやっています。マニラで生まれLAには20年以上暮らしています。

今はサンタモニカの西海岸の方に住んでいます。多様な風景、人、フード、カルチャー、アイデアが共存する近所に住めることにとても感謝しています。LAは色んなモノがちょっとずつ存在する街でたくさんの機会が与えられるので、クリエイティブな人が羽ばたける最も良い場所だと思います。

最初は、ハンドメイドのボヘミアンファッションとジュエリーを扱うコンテンポラリーファッションブランドの創業者とクリエイターとしてキャリアをスタートしました。ちゃんとした意味と目的を持つコンテンツや、デジタルと実体験を作り上げたいという意図があったので、そのモチベーションに基づいた自然な流れでフォトグラファーとクリエイティブコンサルタントになりました。この一年は、ウェルネスブランドやホリスティックメソッド実践者、スピリチュアルカウンセラーなどと一緒に仕事をさせてもらってます。個人的なヒーリング、ウェルネスとスピリチュアリテティを追求する旅に自分のキャリアを融合でき、とても充実した生活を送っています。

@bri_vailによって撮影されたKristine。自分のワークスペースにて。/  自宅でのお茶入れリチュアル。

フォトグラファーとしての作品。/ 撮影現場でのKristine。彼女の作品はサイトインスタグラムで確認できる。

「ウェルネスブランドやホリスティックメソッド実践者、スピリチュアルカウンセラーなどと一緒に仕事をさせてもらってます。個人的なヒーリング、ウェルネスとスピリチュアリテティを追求する旅に自分のキャリアを融合でき、とても充実した生活を送っています。」

デイリーで行う朝のリチュアルやセルフケアの習慣はある?

朝は神聖なお茶と瞑想、日記書きと仏教の教えを読むことから始めます。お茶は私の心と魂を癒してくれる薬です。自分の志をもっと強めてクリアにさせてくれる源です。また、お茶を飲むことは、宇宙と世界に対する意識と感謝の気持ちを与えてくれる大切な習慣です。

ビューティーにおいてのリチュアルについても話してもらえる?

私のビューティーリチュアルはデイリー、ウィクリー、マンスリーセルフケアに分かれています。デイリーでは肌のクレンジング、トーニング、そしてフェイスオイルを使った保湿をしています。そして毎月、内面と外面両方をケアしてくれるホリスティックフェイシャルエステに通っています。私にとっての「ビューティー」は、体に栄養を与え完全に補うこと、そして内面からの輝きが外にも溢れ出すことです。セルフケアを通して私が求める「美」を追求することを意識しています。

その他で毎日してるケアは、朝に舌磨きとサプリやハーブをとってマインドフルな食事を摂ること。自分が吸収する食べ物の素材にありがたみを感じ、食事をする時は携帯電話や仕事から離れるようにします。また、自分の食事を準備したり料理する手順も、とてもシンプルですが美しいセルフケアの儀式だと学びました。私も完璧ではないので、マインドフルであったり意識を向けることを忘れがちな日もありますが、それを追求する過程で自分に厳しすぎないことを心がけています。

ウィクリーやマンスリーで行うビューティー儀式には、満月や新月にお風呂に浸かったり、マッサージをしたり、妹と韓国のスパに行ったり、または単純に自然の中にいることなどを実践しています。歩き距離に海があり、ちょっとした運転でロサンゼルスのハイキングコースがある場所に住んでいることをとても幸運に思います。自然の中にいると感謝と喜びの気持ちで心がたくさん満たされます。これも自分が追求する美の重要な一部です。

コスメやスキンケアを選ぶ時に特に気にしていることはある?

強い香りや刺激を与える材料にとても敏感なので、もっとオーガニックでほのかな香りを放つ製品に惹かれます。また、主旨や意識を持ったブランドが大好きです。なのでDAMDAMのストーリーに載ることができ、とても光栄に思います。美しいビジュアルやイメージだけでなく、ブランドが持つ意味や成し遂げようとする志にとても共感できます。

太陽が輝く地元で –  Kristineお気に入りの旅先、メキシコのトゥルムで。


Kristineと撮影の裏側。

「主旨や意識を持ったブランドが大好きです。DAMDAMのストーリーに載ることができ、とても光栄に思います。美しいビジュアルやイメージだけでなく、ブランドが持つ意味や成し遂げようとする志にとても共感できます。」

仕事においてのインスピレーションは何処から受けているの?

ファッションデザイナーやクリエイティブディレクターだった頃に最も好きだったのは、物語やコンセプトを思い描き、 Ready-to-wear(レディ・トゥ・ウェア)を通じて表現することでした。生まれつきクリエイティブであることを幸運に思います。自分の志向とクリエイティブな追求を結びつけ始めてから、無限のインスピレーションを受けるようになりました。この世が自分に与える高潔な経験をオープンマインドで受け入れ、瞑想、日記書き、旅行など様々なアクティビティを通してインスピレーションが来るようにしています。

オンライン上の活動と実生活のバランスはどう保っているの?

クライアントのためにデジタルコンテンツ制作を手がけています。デジタルの空間で仕事が生まれるので、「実生活」とバーチャルの間でバランスを取ると言う感覚は掴みにくいです。皆と同じで私もついインターネットやソーシャルメディアに没頭しがちです。私たちは情報が溢れかえる社会の中で、私たちがどう生きるべきかを定められ、広告主によって最高の人生をお金で買うようにと説得されます。ここで自分の役割はもうすでに飽和状態のデジタルスペースに混雑と雑音を与えないことだと思います。古くからの「量より質」と言うことわざを信じています。例えばインスタグラムでのフォロワー数やポスト数、高いエンゲージメント率など気にしません。自分がインスパイアされた時や意味ある内容を共有したい時に投稿します。これが私の「戦略」であり、自分が投稿する内容がクライアントワークへの「変換」に繋がります。それかもしくはただ単純に私が投稿した内容に共感した人の一日を影響する、それくらいのレベルでも大丈夫です。私が常に意識していることは、自分が投稿したコンテンツが有意義な「実生活」の体験へ転換されることです。

私にとって、素直で意味のあるオンラインとオフライン生活をソーシャルメディアにも反映することはとても重要で、そのための Conscious Content Creation というワークショップを共同開設しました。Muse BathBon MuseMediaと言うブランドのディレクターとクリエイターの友人Kristen Flores(クリスティン・フローレス)と手を組んで、ブランドが持つ主旨や意味などを探り、自分が持つユニークな視点を意識的コンテンツを通じてデジタルプラットフォームでありのままに伝えるガイドラインを提供しています。

体と心の補い。

「お茶は私の心と魂を癒してくれる薬です。自分の志をもっと強めてクリアにさせてくれる源です。また、お茶を飲むことは、宇宙と世界に対する意識と感謝の気持ちを与えてくれる大切な習慣です。」

お気に入りの旅先は?

フィリピンで生まれたせいか、いつも熱帯地域に行きたい気持ちがあります。私と彼氏も誕生日が六月なので、毎年トゥルムを訪れています。有名な大都会や、視覚的刺激とエネルギーがたくさんもらえるスピリチュアルスポットも大好きです。一番のお気に入りはバリ島、パリ、東京と、アメリカ南西部です!

Kristineの作品の詳細は以下のリンクからご覧いただけます。

www.kristinelo.com

@kristine.lo

Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です