DAMDAM

Conversations with

Kate Dalton

BY ジゼル・ゴー

Photographs by Kate Dalton

ウェルネスブランドを経営する知人たちと連絡を取り合うことが大好きな私たち。今回はバイロン・ベイに拠点を構えるケイト・ダルトンに出会った。彼女の経営するMay Tea(メイディー・ティー)は、自身が経験した消化器官の問題を通し創設された、オーガニックのティーブレンド会社だ。時間をかけて少しずつ、丹念こめて作られるオーガニックティーは、女性なら必ずしもと言っていい程経験する、消化器や心の問題などを落ち着かせてくれる。そんなクラフトマンシップの高いケイトと会話を交わした。

まずはあなたについて教えて。

ハロー!ケイト・ダルトンよ。オーストラリアのバイロン・ベイに住んでるわ。自然療法士(ナチュロパス)、と栄養士をしながら、メイディー・ティーという小さな会社を経営しているの。メイディー・ティーの運営をメインに、自然療法士、栄養士としてのクライアントミーティングも両立しているから、いい意味でとっても忙しいわ!

Mayde Teaをいつ思いついて、それをどうやって現実にしていったの?

メイディー・ティーの始まりは4年前のこと、私は23歳だったわ。当時は大学で専攻科目を2コースも取る傍、カフェでフルタイムで働いていたの。慌ただしく感じることもあるけど、ここまでこれたことはとっても幸せよ!去年大学を卒業してからは、メイディー・ティーにもっと集中できるようになったし、とっても楽しくやってるわ。チャレンジすることも好きよ。まさかちゃんとした仕事になるとは思ってもみなかったけどね!

消化器官が悪かったり、心が疲れたりすることが多かった自分のために、医学について学びながらハーブをブレンドするようになったことが、そもそもの始まりなの。そのおかげで、体調が見違えるように良くなったのが嬉しくて、それを皆と分かち合いたかったのよ!それから、ハーブの知識はあっても経営の知識はゼロだった私が、会社を始めることになったの。急カーブに差し掛かったみたいな学業の道だったわ。もちろん今でも学んでる真っ最中!

メイディー・ティーにある、ケイトのブレンドしたハーブティーたち。

「消化器官が悪かったり、心が疲れたりすることが多かった自分のために、医学について学びながらハーブをブレンドするようになったことが、そもそもの始まりなの。そのおかげで、体調が見違えるように良くなったのが嬉しくて、それを皆と分かち合いたかったのよ!それから、ハーブの知識はあっても経営の知識はゼロだった私が、会社を始めることになったの。急カーブに差し掛かったみたいな学業の道だったわ。もちろん今でも学んでる真っ最中!」

私たちもスローリビング(ゆるく生きること)は大好きよ。あなたにとってゆっくりとした朝に必要不可欠なことは?

お散歩に行って、海で泳ぐこと。お気に入りの1日始め方なの!

1-心にゆとりがない時 2-エネルギーが必要な時 3-クリエイティブになりたい時 この3 つのシーンで飲む。あなたおすすめのハーブティーブレンドを教えて。

1-セレニティ 2-エナジャイズ 3-クレンズ よ!

美容に気をつけた習慣は何かある?

過剰なスキンケアルーティンは特にしていないわ。でも、高品質なクレンザーと保湿クリームは使うようにしてる。消化器官が悪かった10代の時に比べて、今は肌質も大幅によくなったのよ!体全体を1つとして気に掛けるようにしているから、肌だけ特に気をつけたりはしていないの。

匂い考慮された、植物の力を存分に感じさせてくれる飲み物。

「過剰なスキンケアルーティンは特にしていないわ。でも、高品質なクレンザーと保湿クリームは使うようにしてる。消化器官が悪かった10代の時に比べて、今は肌質も大幅によくなったのよ!体全体を1つとして気に掛けるようにしているから、肌だけ特に気をつけたりはしていないの。」

基礎化粧品や化粧品、またブランド1を買う時に特に気をつけてることはある?

オーガニックなことは私にとってとっても大切!あと、配合成分もチェックするようにしてるわ。聞いたことのない成分が入っていたら、使わないようにしてるの!

あなたの仕事のインスピレーションは?

自然と自然治癒力ね。

頭が混乱した時、どうやって整理するようにしているの?

そういう時はほとんどビーチで過ごしているわ!太陽と海が私にとって一番のリラックス材料なの!

お気に入りの旅行先は?

日本とニュージーランド!

Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です