DAMDAM

Conversations with

Haley Wood

BY ジゼル・ゴー

Courtesy of Hayley Wood

フェイシャルエステや皮膚科での肌ケアは自分へ与えられる最良のご褒美だと思う。そんなあなたへ、エステだけでなく、ライフスタイルもコーチしているサロンはどうだろう。ロサンゼルスを拠点に置くHayley Wood(ヘイリー・ウッド)は、共通の友人Kristineから、ユニークな方法で肌をケアするHaleyの実践法を紹介してもらったことがキッカケで知り合った。Hayleyにとってスキンケアは局所療法だけに限らない。彼女によると、肌のトリートメントは、体の健康、マインドのウェルネス、食事、ライフスタイル習慣などが全て影響する総合的なアプローチが重要だと言う。肌の奥深いところから湧き出る真のビューティーについてHayleyとおしゃべりをした。

こんにちは、Hayleyさん!自分について少し聞かせてください。

フェイシャルに特化したライセンスエステティシャンで「Therapeutic Skin Coach」と言うブログを書いています。カリフォルニア州のロサンゼルスに夫とハスキー犬のジョシーと暮らしています。

私が行うトリートメントセッションでは、トキシンフリーの材料のみを使い、お客様によってケアのカスタマイズをしています。肌のバランス乱れの根本的理由を探り、肌が語りかけていることを一人一人のお客様に教育するケアも行なっています。ホルモンバランスの乱れや感情的要素を探り、その情報を自分だけ知っているわけではなく皆と共有しています。常に似たような質問を受けているので毎週ブログでアップデートをしてもっと多くの人々にメッセージを届けようと思いました。それからは、ブログを自分の個人的な成長の旅の記録、そして読者に学びを共有できる場として使っています。この実践によって引き寄せられた色んな機会にとても感謝しています。

Hayleyのこじんまりとしたクリニックは、訪れる客の肌とマインドを癒してくれる。

「肌がもともと持つ自然治癒力を生活習慣や心持ちを変えることで活性化させるアプローチを促進しています。一人一人に対し、内面の声に耳を傾けてもっと改善された自分になれるように隣でサポートしています。」

セラピーの観点からスキンケアをアプローチすることに関しても話してもらえますか?

自分のビジネスを始めたキッカケは結構面白いものでした。最初はリテールで仕事をしていて、モノは売れない中で保有するクライアント数は多くいました。つまり、私のクライアントは私から商品を買おうとしている訳ではなく、私が提供する、肌の問題の根本を突き詰める情報を求めて私に戻って来ていたんです。

肌を読むことには慣れていて、普段肌をいじっているか、糖分を摂りすぎているか、ストレスが溜まっているかなど肌を観察することで様々な原因がわかります。私のクライアントは、私が出すケアの課題が局所療法に関することではなく、肌がもともと持つ自然治癒力を生活習慣や心持ちを変えることで活性化させるアプローチに惹かれ私を訪れます。そこで私の役割は、一人一人に対し、内面の声に耳を傾けてもっと改善された自分になれるように隣でサポートすることです。

Haileyさんのデイリービューティー習慣は何ですか?リチュアルの流れを説明してください。

私のデイリースキンケアルティーンは自分の呼吸、肌の状態、そして真の自分と向き合える時間なので、最も好きなリチュアルです。クレンジングしながら肌をマッサージし、途中で何度も深呼吸を繰り返します。そして、「私は美しい」「私にはもっと価値がある」など、自己愛を促進するマントラを自分に言い聞かせます。自分の健康のために決める選択肢も私のビューティーリチュアルの一部です。例えば早い時間に寝ることや、水をたくさん飲むこと、お茶の時間をとることや、自然食品を食べることなど全て、自分の習慣を改善し健康的な肌へ繋げる方法です。

Hayleyの魔法のような手法は肌の深いところまで浸透する。彼女のトリートメントは、クライアント自身が健康的な選択肢へと繋がれる力を与える。

「成分を読むことは一般的に思われているほど簡単なことではありません。発音のできない成分だからと言って必ずしも体に悪いとも限りません。私のオススメは、なるべく成分が少ない製品を選ぶことです。配合されているものが多ければ多いほど、各成分の効能は半減します。」

ストレスや不安、クリエイティブを追求するに当たってマンネリを感じる時などにオススメのリラックス法はありますか?

大体の人はバランスの乱れを感じると、過激なストレスや不安そして無意識によって自分の肌を痛みつける傾向があります。このような行動は現実逃避や何かをコントロールしたい欲に紐づいています。肌をむしったり過度にケアするのは自己破壊のサインでもあります。なので代わりにスキンケアをセルフケアと自己愛のルーティーンに変えることが重要です。そもそも、肌をケアする理由と観点をシフトすればもっと利点がたくさん得られます。少しでも自分の肌を傷つける衝動を感じたら、日記を書いたり瞑想をしたり、少しずつ習慣を変えてみてください。

スキンケア製品を選ぶにあたって気をつけていることは何ですか?

成分を読むことは一般的に思われているほど簡単なことではありません。発音のできない成分だからと言って必ずしも体に悪いとも限りません。多くのブランドは決まった認定を取得するために、同じ成分でも色々な方法で表記しています。私のオススメは、なるべく成分が少ない製品を選ぶことです。配合されているものが多ければ多いほど、各成分の効能は半減します。また、製品を試してみて、香りを嗅いでみるのも一つの手です。香りが受けつけないのは、配合されている成分から得られるものないと言う体の自然な反応なので、直感を信じてみてください。

一日の中で静粛の時間を少しずつ取ることで安定さとエネルギーのバランスを保つことができる。

「大体の人はバランスの乱れを感じると、過激なストレスや不安そして無意識によって、自分の肌を痛みつける傾向があります。このような行動は現実逃避や何かをコントロールしたい欲に基づいています。肌をむしったり過度にケアするのは自己破壊のサインでもあります。」

季節に応じてスキンケアルティーンを変えることについてアドバイスはありますか?

旬の果物や野菜があるように、私たちの肌も季節によって違う栄養分が必要だと思います。私はファーマーズマーケットを訪れて旬の作物が何なのかを売っている人に良く聞くのですが、肌も同じで専門家に聞くのが一番良いです。自分が求めているケアを正確に分析してもらうだけで大きな差が出ます。

普段どうやってリラックスしていますか?

エプソム塩でお風呂に浸かったり、犬と散歩に出かけたり、一日は決まって自分の考えを完璧にシャットオフすることが好きです。自分の仕事が好きなので、職のストレスが溜まらないことをとても幸運だと思います。しかし毎日たくさんの人々に会っているので、その分自分のエネルギーバランスを保つことが成功の鍵です。

Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です