DAMDAM

Need to know

Facial Gua Sha

BY ジゼル・ゴー

Photographed by Taylor Souza

中医学とともに育った私は、幼少期の頃から古代治療学と触れ合ってきた。鳥の巣を摂取することや、チョウセンニンジンを使った薬など、様々な “処置”から、太極拳や指圧、グアシャなどの理学療法に至るまで、伝統中国医学には、漢方やマッサージ、体の動かし方などを含む、2,500年もの幅広い文化がある。

特にグアシャは、皮膚の経絡や反射区を水牛角等のヘラで擦り、背中やクビに赤いアザができるため、今日のスタンダードからはすこし古く感じられることもある。皮膚に刺激を与えることによって、血流を良くし、リンパを流して老廃物を排出させる効果があると言われているのだ。

このような中国の医療法はモダンテイストに形を変えて、平たい石を使用した優しいフェイシャルマッサージなどに使用されている。最近では、自然療法や水晶の力と、世界的な東洋美学と医療法へのトレンドが相俟ってさらに関心が高まっているようだ。

フェイシャルグアシャは、リンパを流し肌に気を送り込み、血流と体内の水分の流れを良くする。流れが良ければ良いほど、体自らの持つ保湿力やツヤ、そしてニキビの原因となる毛穴のつまりなどを自然に防ぐ力が出るのだ。

私たちのスキンコーチをしてくれているヘイリーと、彼女の個人的な経験や治療方法について話し合ってきた。

どうやってグアシャにたどり着いたの?

グアシャに注目が集まり始めたのは、4年ほど前にソーシャルメディアに出回るようになってからよ。私も、1年ほど前に “Treatment by Lanshin”のSandra Lanshin Chuiに出会うまでは踏み入れていなかった領域なの。彼女がJosh Rosebrookと一緒に行った、自宅でできるセルフケアについての講義を受けた時に、お客様の肌のことばかりで疎かになりがちな自身のスキンケアについて、もう一度考えようと思ったの。

体の陰陽バランスを保つためにされる数々のフェイシャルマッサージの中には、鍼治療やヒスイ、棒を使ったローリングマッサージが含まれる。

特にグアシャは、皮膚の経絡や反射区を水牛角等のヘラで擦り、背中やクビに赤いアザができるため、今日のスタンダードからはすこし古く感じられることもある。皮膚に刺激を与えることによって、血流を良くし、リンパを流して老廃物を排出させる効果があると言われているのだ。

あなたのお気に入りのツールは?

ヒスイでできたグアシャ用の石は、毎日顔に使っているわ。顔のカーブにぴったり合う形なの。

お気に入りのテクニックは?

おでこのあたりに凝っていると感じることが多いのだけれど、これはリフレクソロジーでは首や肩が凝っているということを意味しているの。フェイシャリストとして常に下を見ていたり、体を前に乗り出していることが多いから、おでこをマッサージすると緊張がほぐれて、偏頭痛や頭痛を予防する助けになるわ。お客様が、仕事の合間や自分のために少し時間を取れる時、マッサージ方法を試せるように教えてあげるのが好きよ。

ローズクオーツやヒスイがツールとして用いられている。

身体的な変化を感じられるのはもちろんのことだけれど、それとともにセルフケアをするということにおいてこの治療は素晴らしいと思うわ。数分でもいいから、自分の体や肌のことを想ってあげたときに、身体が今何を本当に求めているのか答えてくれる感覚があるわ。ゆっくり呼吸して、もっと深くリラックスすることの手助けになってくれるの。寝る前に神経を落ち着かせるためにはぴったりよ。

よかったなと重ことは何かある?

身体的な変化を感じられるのはもちろんのことだけれど、それとともにセルフケアをするということにおいてこの治療は素晴らしいと思うわ。数分でもいいから、自分の体や肌のことを想ってあげたときに、身体が今何を本当に求めているのか答えてくれる感覚があるわ。ゆっくり呼吸して、もっと深くリラックスすることの手助けになってくれるの。寝る前に神経を落ち着かせるためにはぴったりよ。

Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です