DAMDAM

Conversations with

Bonita Kye

BY ジゼル・ゴー

Photographs courtesy of Bonita Kye

シックでありながら楽な下着は言うほど簡単には見つからない。市場に出ているものだと大企業によって生産される男性の好みに応じたデザインや、実用性を重視しすぎてダサく感じるものが多い。そんな中、Kye Intimatesのような繊細で綺麗かつ実用性にも優れているブランドが新鮮な風を吹き込んでいる。また、Kye IntimatesはファウンダーであるBonita Kyeが全てを自ら経営していて(デザインからオーダーの受付まで!)家族運営の100%太陽光エネルギーのみを使った製造業者と組んでいることもさらなるブランドのアピールポイントだ。カリフォルニア出身の彼女にエシカルな事業を営むことやインスパイアされる時代のスタイルなどを聞いた。

ハーイ、Bonita!簡単に自己紹介をしてくれる?

生まれ育ちはロサンゼルスの郊外に位置する小さな街で、今は夫と犬とサンタモニカに住んでいるわ。Kye Intimatesの全てを運営していて、デザイナー、カスタマーセンター、注文の管理、その間の作業も全部自分で直接こなしているわ!

クリーンなラインのKye Intimates 。写真はTiana Petrullo。

「質の良い控えめなデザインで、着た時に美しく感じられものを他の女性たちと共有したかったの。私たちが所属しているコミュニティにマインドフルに消費することやサステナビリティーの促進に先立っているブランドたちをサポートすることの重要性を伝えたいの。」

Kye Intimatesを始めたきっかけは何?

Kyeは楽で実用性のある、過剰に派手すぎない下着が欲しいと言う思いから生まれたわ。質の良い控えめなデザインで、着た時に美しく感じられものを他の女性たちと共有したかったの。私はKyeを通して私たちが所属しているコミュニティにマインドフルに消費することやサステナビリティーの促進に先立っているブランドたちをサポートすることの重要性を伝えたいの。

サステナブルな環境でエシカルな事業を立ち上げることについて、どんなプロセスだったか説明してもらえる?

エシカルなビジネスを築くには忍耐力が必要だわ。似たような価値観を持った製造業者を探すのはもちろん、品質の良い余りの素材やパッケージングのディテールにも気を使わなきゃいけないの。ラッキーなことに私の場合は、LAにある100%太陽エネルギーを使っている家族経営の製造業者を見つけてKyeを展開しているの。

Tiana Patrulloによって撮影されたOpal briefs。

LAにあるKye Intimatesの製造を担当しているパートナーの屋根に設置されている太陽光パネル。

「エシカルなビジネスを築くには忍耐力が必要だわ。ラッキーなことに私の場合は、LAにある100%太陽エネルギーを使っている家族経営の製造業者を見つけてKyeを展開しているの。」

インスピレーションの源は?

自然、美術館、人間観察、90年代、旅、デザイン本、アーキテクチャー、あと今まで一緒に仕事をしてきた素晴らしいクリエイティブな人たち!

今後ブランドで展開を予定していることはある?

Kyeはクラシックな形とラインを基調にコンテンポラリーなデザインを施しているからシーズンの変化にはあまり影響されないの。これまでカプセルコレクションを二つ展開していて、今はKyeの定番コレクションとなるエッセンシャルセレクションに取り掛かっているわ。あと素敵なショールームとコラボして来年セレクトショップみたいな空間を作りたいわ ー できれば皆がいる街でね!

Danny Laneによって撮影されたKye Intimates。

仕事で生産性やクリティティビティをあげるための習慣はある?仕事終わりにリラックスしたい時のルティーンは?

幸いなことに毎日のスケジュールが違うから大体朝はゆっくりと瞑想をして、夫と朝食を食べて、携帯はサイレントに設定して一日を始めるわ!午後は一度職場から離れて海辺を歩いたり、天気が良かったら海にも入る。リセットにとても役立つの。リラックスしたい時にはヨガスカルプトをしたり、友達と家族を時間を過ごしたり、夕焼けを眺めて料理をして、本を読んでワインを飲む、これらをうまく組み合わせるわ。

90年代のミニマリズムを思い浮かべるデザイン。写真はTiana Petrullo。

「幸いなことに毎日のスケジュールが違うから大体朝はゆっくりと瞑想をして、夫と朝食を食べて、携帯はサイレントに設定して一日を始めるわ!」

休暇の過ごし方は?

愛する人々と一緒に料理をして食事をすること。Hauser & WirthでAlexander Calderの展示も見るわ。今は家族旅行でユタ州のパークシティにいるの、すごくおすすめ!

Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です